2005年06月07日

やっちゃいました

週末、ちょっと遠出したのですが、その帰り道に、とうとうやっちゃいました。
ETCのバーに突っ込んでしまいました。。。

疲れていたので早く帰ろうと、高速に乗って「ぬやわ」km/h位で飛ばしてました。
(ちなみにMeganeIIでの最高は「ふぬわ」km/hです。)
をっとそろそろ出口だ。左によってっと。
ETCゲートはあそこだな。よし前も後ろもいないぞ。
速度を落として。。。。。(65km/hまで落とす)
。。。あれっ。。。
きききーーー、ばぁぁぁん!!!(ABSききまくり)
。。。。

後ろを見るとバーが跳ね上がってます。やばいと思いハザードをつけて横へ寄せる。
JHのおじさんが走ってきました。
おじさん:「どっかでカード抜いた?どこから入った?ちゃんと入った?」
私:「えーっと、抜いてませんよ。○○からちゃんとはいりましたよ」
おじさん:「カード貸してくれる」
後続車両がやってきて、大大渋滞。
(おじさんがバーを直してカードを持って事務室へ)
後続車両が追い抜き間際に:「なにやってんだぁぁぁ、ばかやろ〜」
私:「うるっさい、あほっー」
(おじさん、戻ってくる)
おじさん:「ちゃんと入場記録はあるね。ちゃんと刺さってなかったんじゃない」
私:「入ってから一度も触ってないので、機器の故障ですかね。とにかくすみません」

ぁぁぁ、疲れていたのがどっと疲れた。
とまぁ、なぜか知らないですが、バーが開かず突っ込んでしまったのです。
今まで70km/hでも通過できていたし、バーがないところでは(夜中)「ぬふわ」km/h
で通過できたし、何でなんでしょう???

車にはまったく傷がついていませんでした。やっぱり突っ込む人が多いんでしょうね。
これで突っ込んでも大丈夫、急ブレーキでもABSのおかげですぐとまれる、ということがわかったので大収穫でした(笑)。

みなさんも気をつけてくださいね。
posted by もりてつ at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | MeganeII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりと思ったらびっくりしました。
おケガと車に傷が無かったのが何よりです。
僕は必要以上にスピードを落としてしまうので「オカマ」掘らせるかもといつも思っています。
やっぱりABSは偉大ですね!
スイッチの方はそのままで一度じっくりばらして配線などの確認をしたいと思っていますが、私の仕事と家庭の事情とディーラーは例のリコールで大忙しという事で中々うまくいきません。自分の時間がたっぷり使える休みが欲しいです。
詳細は又ご連絡差し上げますね!
お気を付けて・・・。
Posted by 《》Manma at 2005年06月07日 14:34
とりあえずは大事に至らなくてよかったです。

料金所に設置されているETC機器は場所によってかなり性能にムラがあり、車戴アンテナとの相性もまちまちなので、過剰にハイスピードでの進入はやめたほうがいいですよ。
自分はかならず40キロ以下で行くようにしていますが、それでも首都高の銀座ループ線入り口では必ずと言っていいほど反応しませんから…
Posted by haji at 2005年06月07日 20:54
もりてつさん,おひさしぶりです
私もETCで引っかかったことあります(^_^;)
M菱のセパレートで,IMPREZA時代にゲート開かずにフルブレーキ。このときは止まれたんですが,307SWに載せ換えて,同じくゲート開かず(^_^;)
このときは開いたり開かなかったりで,警戒しつつもゲートにぶつかりました〜。同じく307SWも無傷で済みましたが,これに懲りてETC換えちゃいました(笑

みなさんもお気をつけて〜

追伸:例のサテライトスイッチですが,自分でもPICの勉強してみようかなと(^_^;)
とりあえずPICライターのみ作成し,勉強中です。もしよろしければ,いろいろ教えてくださいませ
Posted by VOYAGE@307SW at 2005年06月08日 18:23
みなさん、ありがとうございます。
やっぱり60km/hで突っ込むのは無謀ですね。
肝に銘じておきます。
私のETCはcarozzeriaなので三菱のOEMです。
出たての時に買ったやつなので、そろそろ潮時かな。

>《》Manmaさん
お手数かけますが、よろしくおねがいします。

>VOYAGE@307SWさん
PICライター作っちゃいました?
PICのアセンブラ言語は意外と簡単なので、すぐ理解できますよ。
私も昔作ったPICライターを使ってるんですが、接触が悪くなってきたので作り直そうかな。
Posted by もりてつ at 2005年06月10日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。